2020/03/25
配色のバランスが取れたチラシを作るコツ!

バランスの取れたチラシを制作できる配色の基礎知識「色面積の比率」をご紹介します。
配色を意識したチラシは見る人の印象をグッとひきつけるデザインに仕上がりますよ♪

一般的に良しとされる配色の割合は「べースカラー:70%、メインカラー:25%、アクセントカラー:5%」です。
デザインする際、この面積比で調整することにより、バランスのとれたチラシを制作できます。

<ベースカラー>
チラシの背景色などに用いられる「全体の70%」を占める色です。
ロゴや文字の妨げにならないような色を使うとバランスがよくなります。

<メインカラー>
チラシのロゴや文字などに用いられる「全体の25%」を占める色です。
イメージを強める役割りがあるためキーカラーやブランドカラー効果があります。
背景と同化しないわかりやすい色がおすすめです。

<アクセントカラー>
配色の中でもっとも小さい「全体の5%」を占める色です。
キャッチコピーなど、一番注目させたいところにアクセントカラーを用いるとより効果的です。
メインカラーの色相の反対色にすると目立ちます。

色面積の比率を意識することで、今まで以上にバランスの取れたチラシが制作できます!
是非参考にして下さいね♪

TOPへ